矯正歯科、歯周治療、審美治療なら奈良市のみねい歯科医院へ

矯正歯科
かみ合わせ治療
ムーシールド

幼児期のお子様でかみ合わせが悪いため、食べ物をしっかりとかみ砕きにくく、下の歯が長持ちしにくい場合はないでしょうか?

大抵は[永久歯が生えるまで様子を見ましょう]と言われると思いますが、自然治癒する割合を考えると1割に満たしません。
そこで幼児のうちに改善させる[ムーシールド]による治療法をご紹介しましょう。

ムーシールドとは反対咬合(受け口)治療専門のマウスピースのことをいいます。従来の「しばらく様子を見ましょう」と言われていた3歳〜6歳のお子さまの治療用に開発されたものです。使用法は非常に簡単で、眠っている間・テレビを見ている時・おとなしくしている時にだけ装着すればよいので、小さなお子さまに最適です。1年以内に効果があらわれ9割改善する実績があげられています。

大人の矯正
歯並びや噛み合わせの悪い人、舌に異常のある人は、
口腔内の容積がせまいために酸素不足になりがちです。

酸素不足は当然、心身に悪影響を及ぼし、不定愁訴をもたらします。
(肩こり・腰痛・自律神経失調など)
このため、当院では、かみ合わせの改善を目的とした矯正を行っております。

子供の矯正(予防矯正)
顎の成長を促し、噛み合わせを改善していく治療です。

 1. 人間の顔の成長とは、下顎がバランスよく発達すること。
 2. 顎の未発達は、歯並びやかみ合わせに影響する。
 3. 早期治療の最大のメリットは、永久歯を抜かないこと。

主に3D装置やプレート、ムーシールド、
パタカラなどを使って顎に負担をかけないように心がけています。

床矯正(しょうきょうせい)の治療

床矯正(しょうきょうせい)の治療では、基本的には永久歯を抜歯せずに、顎自体を拡げて歯のはえる場所を確保して歯を並べます。つまり歯を抜かなくてもいい矯正治療です。

写真の様なネジ付き装置で少しずつ(1ヶ月約1mm)顎を広げて、正しい位置に誘導します。形状記憶合金のワイヤーを使うこともあります。(機械的な矯正治療)拡げる速さは自分で加減できます。また噛む運動、食事環境の指導、悪習慣の除去等を組み合わせ、歯の土台となる骨の正常な発育を促すことにより、顔の形も整えます。(生物学的な機能療法)

前歯の歯並びを「おかしい」と感じた時が治療の開始時期です。様子を見ていたら、発育不足の萎縮した顔になってしまいます。「おかしい」と感じたら、様子を見ていないで、すぐに治療を開始しましょう。

【女の子の顔の発育】
男女共、6歳までに顔の骨の80%が完成します。10歳〜12歳にかけて再び発育して女の子は14歳頃までにほぼ発育が終了します。

基本的に永久歯を抜かずに顎を正常な大きさまで拡大して歯並びを整えます。発育不足の顎を歯の並ぶ正常な大きさに拡大することにより、又、「咬む」という運動刺激を顎の骨に加えることにより、顔の骨格の発育がうながされ、本来あるべき正しい顔の形に整えられます。人の発育しようとする自然の力も利用した矯正治療です。

Copyright (C) 2010 MINEISHIKA. All Rights Reserved.

奈良の歯科医院/みねい歯科医院

矯正歯科/歯周治療/審美治療|奈良

〒630-8136 奈良県奈良市恋の窪2-12-9徳丸恋の窪ビル